BLOG

東京都が「ソーラー屋根台帳」を作成。
空撮画像から周囲の建物や樹木の高さ、屋根の角度などを解析して日射量を算出。利用者が住所を入力し、該当する屋根の写真にカーソルを合わせると、その屋根の予測発電量と、太陽光パネル設置の適否が3段階に色分けされて表示されるんだって。東京都で5000万の費用だっていうからその他の地域にも拡がっていって欲しいです。実際、建物を計画するときにソーラーパネルがいいかどうか、コスパが見合うかどうかって、感に頼ってるもんね。記事はこちら。
http://www.yomiuri.co.jp/homeguide/news/20140319-OYT8T00711.htm

Comments ( 0 )

    Leave A Comment

    Your email address will not be published. Required fields are marked *